ようこそ、

水出しコーヒー研究所へ。

 

今日もお越しいただき、

ありがとうございます。

 

本日は、

前回お知らせしていた通り、

『水出しコーヒーの作り方 基礎講座』

をやりたいと思います。

 

もちろん、

ポイントを絞って、

お伝えしていきますので、

今日も楽しんでいって下さいね。^^

 

 

水出しコーヒーの作り方 基礎講座

 

 

豆の選び方(焙煎)

 

基礎講座と言うことで、

まずは豆の焙煎から説明しましょう。

 

ホントは、

豆の種類もやりたいんですが、

豆を選ぶのは、

ある意味、

初心者にはまだ早いかな?

と思うので。

 

コレがホットコーヒーなら、

逆でもイイんですが、

水出しコーヒー(アイスコーヒー)は、

水出しコーヒーに適した焙煎度合いが限定されるので、

まず焙煎度合いを覚えてもらうのが先だと思います。

 

その焙煎の度合いを、

一覧表にしてみました。

 

コーヒー豆の焙煎一覧
名称 焙煎度 状態
ライトロースト (極)浅煎り 色は小麦色。表面が焼けただけの状態。 中まで火が通っていないので青臭く、コーヒーとして飲める状態ではない。
シナモンロースト 浅煎り 色がシナモンと似ているので、シナモンローストと呼ばれる。表面は焼けた状態だが、中にまで火は通っていない。 こちらもコーヒーとして飲める状態ではない。まだ青臭く香りもない。
ミディアムロースト 中浅煎り 色は茶色か茶褐色。いわゆるアメリカンコーヒーがこれ。 コーヒーとしては軽い感じ。アイスコーヒーには適さない。
ハイロースト 中煎り 色は薄い焦げ茶色。一般的に良く見る豆の状態。 マイルド系ホットコーヒーとして飲める状態。コーヒーとして飲む時の、基本となる焙煎でもある。ただし、アイスコーヒーにはあまり適さない状態。
シティロースト 中煎り 色は焦げ茶色。こちらも一般的に良く見る豆の状態。 こちらもコーヒーとして飲む時の、基本となる焙煎。ただし、豆の種類によってアイスコーヒーには適さないモノもある。
フルシティロースト 中深煎り 色は濃い焦げ茶色。豆の中までしっかり火が入った状態。 豆の種類によって、こちらが基本となる場合もある。アイスコーヒーにも適しており、コーヒーの味が良く分かる焙煎。
フレンチロースト 深煎り 色は黒に近い焦げ茶色。中にまで火が入っており、表面には油が浮き出ていることもある状態。 かなり苦みが強い味になる。コーヒーの酸味がほとんど感じられない状態。
イタリアンロースト (極)深煎り 色は真っ黒になっているモノもある。表面は油が浮き出ていて、中も炭化に近い状態。 ほとんど苦みのみの味になっているモノがほとんどだが、焙煎師によっては、しっかりと味が残っている場合もある。

 

この表のように、

コーヒーの焙煎の度合いは、

8段階に分かれています。

 

表にもありますが、

アイスコーヒーに適するのは、

一般的にはフルシティ以上になります。

 

中にはシティローストで、

大丈夫なモノもありますが、

その辺りはお店の焙煎度合いによるので、

一概には言い切れない部分があります。

 

なので、

この一覧表は、

あくまでも目安になります。

 

一番イイのは、

お店で尋ねることですね。

 

その時、

キチンと説明してくれるお店は、

良いお店だと言えます。

逆に、

その説明があやふやだと、

大したお店じゃないと言えるので、

そういうお店は行かないようにしましょう。(笑)

 

 

豆の量

 

コーヒー豆の焙煎一覧
人数分 豆の量 水の量 出来上がりの目安
1人前 15g 150cc 120~130cc
2~3人前 40g 500cc 450cc
5人前 50g 700cc 600cc
7~8人前 60g 1,000cc 900cc
10人前 80g 1,300cc 1,200cc

 

こちらの表も、

ある意味目安です。

 

ただ注目して欲しいのが、

水の量の増え方に対して、

豆の量の増え方が少ないことです。

 

コーヒーは、

アイスコーヒーも、

ホットコーヒーも、

豆の量が増えると、

味の濃さも比例的に増える。

と考えがちですが、

実はそれは間違いです。

 

コーヒーの味は、

豆の量に対して、

二時曲線的に増えていくモノなのです。

 

この辺りのことは、

後に詳しく説明しますが、

今はそういうものだと覚えていて下さい。

 

それともう1つ。

基本となるものがあります。

 

コーヒーを入れる時に、

コーヒー豆の量を決める、

基本となるのは重さです。

 

メジャースプーンで、

計っている方も多いと思いますが、

それは基本間違いなのです。

 

コーヒー豆は、

種類によって、

粒の大きさも、

水分含有量も違います。

 

もちろん、

比重も違うので、

重さも異なるのです。

 

それをメジャースプーンで計っていては、

豆の量が一定になりません。

メジャースプーンで計れるのは、

体積であって、

重さではありません。

 

なので、

メジャースプーンではなく、

重さを計るのが基本となるのです。

 

本来、

メジャースプーンは、

挽いたコーヒーを計るためのモノであって、

コーヒー豆を計るものではないのです。

 

ですので、

味を一定にしたければ、

コーヒー豆の重さを計って、

量を決めるようにして下さい。

 

 

挽き方

 

次に豆の挽き方です。

コレは、

中挽きでOKです。

 

もちろん、

細かく挽けば、

濃く出せますし、

粗く挽けば、

薄く出すことが出来ます。

 

ただし、

この挽き方との関係は、

非常に細かい精度が必要になり、

繰り返し試してみないと、

なかなか自分の好みの味にはたどり着けません。

 

事実、

私自身、

何度も試行錯誤を繰り返し、

今自分だけのブレンドを持っていますが、

その答えを導き出すまでには、

何度も実験を繰り返しました。

 

そして、

その度に、

あまり美味しくないコーヒーを、

飲むハメにおちいったこともある訳です。(笑)

 

この豆の挽き目と、

濃さの関係については、

ミルの説明をする時に、

ゆずりたいと思います。

 

 

水について

 

最後に、

水についてですが、

量は先ほどの表を見て下さい。

 

基本、

喫茶店で出されるコーヒーの量は、

一杯がおおよそ120ccです。

 

意外と少ないでしょ?

 

それはさておき、

水には、

『硬水』と『軟水』があるのをご存知でしょうか?

 

日本の水のほとんどは、

『軟水』であり、

コーヒーに向いているのは、

『軟水』なので、

特に水を選ぶ必要はありません。

 

ただまぁ、

今のご時世、

水道水で・・・。

という訳には行きません(笑)ので、

ミネラルウオーターか、

浄水器の水を、

使っていただく方が、

間違いないと思います。

 

 

まとめ

 

ということで、

いかがでしたでしょうか?

 

  • 焙煎
  •  

  • 豆の量
  •  

  • 挽き方
  •  

  • 水の量

 

これらをキッチリと計ることで、

やっと一定の味が出せるのです。

 

逆の言い方をすれば、

コレだけのことを守らなければ、

一定の味を出すことは出来ない。

とも言える訳です。

 

自分好みの味を見つける。

そのためには、

この基本を外してはならない。

その事を忘れないようにして下さいね。(*^─^*)

 


 

さて次回ですが、

水出しコーヒーとホットコーヒーの違い。

についてお伝えしたいと思います。

今まで幾つかのサイトを見て回りましたが、

コレを正確に伝えているサイトって、

余りないんですよね~。(笑)

 

なので、

楽しみにお待ちくださいね。

 

それでは、

〜 〜 see you next Time 〜 〜
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る