ようこそ、

水出しコーヒー研究所へ。

 

今日もお越しいただき、

ありがとうございます。

 

さて今日は、

前回お知らせした通り、

ホットコーヒーとアイスコーヒーの違いについてです。

 

「そんなの、『熱いか』『冷たいか』の違いだけじゃん!?」

 

と言われたら、

「はい、その通りです」

としか言いようがなくなります。

 

でもそれでは意味がないので・・・。(笑)

ホットコーヒー(加熱抽出法)と、

アイス(水出し)コーヒー(非加熱抽出法)の、

違いについてお伝えしたいと思います。

 

それではお楽しみください。

 

 

コーヒーの抽出方法

 

それでは、

『コーヒーの抽出方法』を

一覧表にしてみましたので、

そちらをご覧ください。

 

コーヒーの抽出方法
名称 特徴
ペーパードリップ 一般的に『初心者向け』と言われるが、実は奥が深く、様々な淹れ方ができる。1人前のコーヒーを一定の味で出し続けるのは、プロでもかなり難しい。
サイフォンドリップ 演出効果抜群の抽出方法。『コーヒーが趣味』という人ほど、このやり方に憧れを持っている(笑)。器具の扱いが難しいが、それ以外は手順を守れば、ペーパードリップより一定の味を出し易い。
ネルドリップ こだわりを持っている人が多い(笑)抽出方法。ペーパードリップが開発されるまではこちらが主流だった。ペーパードリップよりもコクのあるコーヒーが楽しめるため、コーヒー通には人気が高い。但し、淹れ方には少々コツが必要。
メッシュドリップ フィルターが金属製のメッシュでできているドリッパーを使う抽出法。淹れ方としてはペーパードリップと同じ。味がダイレクトに出易く、ストロング系のコーヒーに向いている。因みに、コンビニの100円コーヒーのコーヒーメーカーは、ほぼメッシュタイプを採用している。
フレンチプレス フレンチサーバーを使った抽出法。煮出しコーヒーとも言える。コーヒーオイルや微粉末が出るので、好みが分かれるし、スペシャリティコーヒーには向かない。
マキネッタ エスプレッソの前身とも言える抽出法。直火式エスプレッソと呼ばれることもあるが、正確には似て非なるもの。
エスプレッソ 意外とファンが多いが、実はかなり勘違いされているコーヒー。日本ではなぜかブラックで飲む人がいるが、本場イタリアでは砂糖を入れて飲むのが主流。個人的にはあまり好みではない。(笑)
パーコレーター 『一般的』という意味で入れるか、入れないか、かなり迷ったけれど、一応入れておく。でも、これで美味しいコーヒーを淹れるのは無理!
ウォータードリップ(水出し) ダッチ(オランダ)コーヒーとも呼ばれ、その発祥はオランダ。豆の挽き方、豆の量、水の量を守れば、ほぼ一定の味が出せる。ホットコーヒーでは味わえない味を味わうことができる。

 

ざっと並べてみましたが、

こんなところでしょうか?

 

トルココーヒーや、

ベトナムコーヒーは、

あまり一般的ではないので、

除外しています。(笑)

 

 

加熱抽出と非加熱抽出の違いとは?

 

さて、

加熱抽出と、

非加熱抽出の違いとは、

一体なんでしょうか?

 

それを紐解いていくカギは、

非加熱抽出法である、

水出しコーヒーが生まれたわけを、

探っていけば分かります。

 

水出しコーヒー発祥の地は、

オランダであることは、

先ほど表にて申し上げました。

 

ではなぜ、

オランダで、

水出しコーヒーが生まれたのか?

 

その理由は、

オランダで使われていた、

豆の種類にあるのです。

 

その当時、

オランダに入ってくるコーヒー豆は、

アラビカ種ではなく、

ロブスタ種が主流でした。

 

このロブスタ種。

(伸ばしちゃダメですよ。エビになっちゃいますからね(笑))

コーヒーの原種の一つなのですが、

同じ原種である、

アラビカ種や、

超希少なリベリカ種に比べて、

比較的低地での栽培が可能で、

病害虫にも強いという特徴があり、

今でも生産量全体の3割が、

このロブスタ種だと言われています。

 

ただ、

このロブスタ種。

アラビカ種に比べると、

コーヒーの旨味に欠けていて、

味はほとんど苦味だけ。

 

その上、

フレンチや、

イタリアンにまで焙煎すると、

ほとんど気になりませんが、

フルシティくらいだと、

漢方薬に似た、

ロブスタ種特有の、

ロブ臭(匂いではなく臭い)がします。

 

なので結論を言うと、

そんなに美味しいコーヒーじゃありません。(笑)

 

あまり美味しくない、

ロブスタ種のコーヒーを、

なんとか美味しく飲める方法はないか?

 

特に、

ロブスタ種特有の、

強烈な苦みを抑えられないか?

と考えられたのが、

水出し(ダッチ)コーヒーなのです。

 

このロブスタ種は、

単に苦いだけでなく、

カフェインを含む量が、

アラビカ種よりも多いのです。

 

一般的な数値だと、

だいたい1.5〜2倍近いと言われています。

 

実は、

このカフェインが、

苦味の元だと言われているのですが、

苦味と共に渋味も持っているのです。

 

カフェインは、

常温の水には溶けにくい

(溶けないわけではない)

のですが、

温度が上がると溶けやすくなります。

 

科学的に実験した数値だと、

常温の水にカフェインが溶け出すのが1だとすれば、

80度のお湯だと約9倍

沸騰したお湯なら30倍。

溶け出しやすいと言われています。

 

そして、

そのカフェインが、

溶け出す温度が、

65度だと言われているのです。

 

 

水出し(非加熱抽出)のメリット

 

ちょっと難しい話になりましたが、

水出しのメリットとしては、

カフェインの抽出を抑え、

カフェインが持つ、

不要な苦味と渋味を、

出すことなく、

コーヒー本来の苦味と旨味を、

引き出すことができるのです。

 

それと共に、

水出し(非加熱抽出)のメリットは、

誰にでも一定の味を出し易い。

という点も挙げられます。

 

上の表にも書きましたが、

一般に初心者向けとされる、

『ペーパードリップ』は、

意外と奥が深く、

特に少量(例えば1人前)で、

コーヒーの味を出すのは、

プロでも至難の技とされています。

 

それに対して、

水出し(非加熱抽出)は、

豆の量と水の量を守れば、

誰にでも一定の味を、

出すことができるのです。

 

 

水出し(非加熱抽出)のデメリット

 

水出し(非加熱抽出)のデメリットは、

抽出するのに時間がかかる。

という点でしょう。

 

というか、

それ以外は見当たりません。(笑)

 

あえて挙げるのなら、

水出し(非加熱抽出)も、

少量の抽出には向かない。

と言えるでしょう。

 

美味しい水出しコーヒーを作りたければ、

ある一定量を作る必要があります。

 

 

まとめ

 

ということで、

いかがだったでしょうか?

 

水出し(非加熱抽出)と、

加熱抽出コーヒーの違いをまとめると、

以下のようになります。

 

メリット

  • カフェインの抽出を抑えられる。
  •  

  • コーヒー本来の味を出し易い。
  •  

  • 同じ味が出し易い。(再現性が高い)

 

 

デメリット

  • 抽出に時間がかかる。
  •  

  • 少量の抽出には向かない。

 

といったところでしょう。

 


 

さて次回ですが、

次回ももう少し、

ホットコーヒーと水出しコーヒーの違いについてお話しします。

 

本当は今回でお伝えしようと思ったのですが、

あまりにも長くなってしまうので、

ホットコーヒーと水出しコーヒーの、

違いについて、

もう少し詳しくお伝えします。

楽しみにお待ちくださいね。

 

それでは、

〜 〜 see you next Time 〜 〜
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る