ようこそ、

水出しコーヒー研究所へ。

 

今日もお越しいただき、

ありがとうございます。

 

リオオリンピックの

メダルラッシュ。

スゴいですね~。

 

ほとんど、

ダイジェストでしか見れてませんが・・・。(笑)

 

さて本日ですが、

他のコーヒーショップさんのサイトでも、

水出しコーヒーの情報は手に入ると思いますが、

私が見ていて、

そして実際に試しているからこそ、

『コレってやったコトあるの?』

と思ったりすることや、

『コレは違うんだけどな~』

と思うことが、

何度かありました。

 

なので、

実際にやると、

こうなりますよ。

ってことも含めて、

お伝えしていきたいと思います。

 

その中でも今回は、

最近ホットコーヒーの淹れ方で、

やっと言われるようになった、

『蒸らし』についてお伝えしていきます。

 

それでは、

本日もお楽しみいただければ幸いです。^^

 

 

前回お話しした『蒸らし』の続き。

 

前回、

私は水出し用の『蒸らし』をしない。

とお話ししました。

 

水出しコーヒーの『蒸らし』とは、

水を落とす前に、

一定量の水で、

コーヒーを湿らせることを指します。

 

この『蒸らし』が、

重要な理由としては、

コーヒーにエキスを出す準備をしてもらう。

というポイントがあります。

 

この『蒸らし』は、

水出しコーヒーよりも、

ホットコーヒーを入れる時に、

重要になるポイントで、

最近はかなり知られてきましたが、

まだまだ一般的には知られていない、

『コツ』のようなもの。

といえるものです。

 

私はその『蒸らし』を、

「しない」と言いましたが、

厳密に言うと、

していない訳ではないのです。

 

正確に言うのなら、

いきなり水を入れて、

短時間で『蒸らし』を済ませるのではなく、

時間をかけて、

ユックリジックリ『蒸らし』をしている。

と言うことが出来ます。

 

前回お話しした、

『蒸らし』をしない理由として、

  • コーヒーを湿らせる水の量が分からない。

という点をあげました。

 

コレは、

何回か試した結果ですが、

豆の鮮度によって、

かなりバラツキがあるのです。

 

新鮮な時は、

大量の水を含みますが、

そうでない時は、

意外と水を含んでくれません。

 

コレは、

前回お話しした、

水が染み出てくる位置の違いに、

通じるものがあると考えています。

 

ここでヘタに量を間違えると、

先に水が落ちてしまって、

十分にコーヒーの旨味が出ないまま、

落ち始めてしまう。

というリスクを負うことにもなります。

 

それと、

コーヒーには、

『コーヒーオイル』という、

脂分が含まれています。

 

コレも前にお話しした、

フレンチプレスなどをした時に、

コーヒーの上に浮き出てくる油膜がそうです。

 

この『コーヒーオイル』が、

コーヒーと水が馴染むのをジャマするのです。

ホットコーヒーの場合は、

それを熱で促進させる訳ですが、

水出しコーヒーは熱を加えません。

なので、

『蒸らし』に余計に時間がかかるわけです。

 

何より『蒸らし』の目的は、

『コーヒーに美味しいコーヒーを出してもらうための準備をしてもらう』

ことですから、

人間の都合で、

それを無理やり促進しようとしても、

コーヒーにとってはありがた迷惑なだけです。(笑)

 

前回私がお話しした、

『コーヒーに任せる』

という考えを持つに至ったのは、

こういう経験があったからです。

 

第一、

先に水を入れる『蒸らし』は、

時間短縮の面で、

役立つように見えますが、

その後数時間かけて抽出する訳ですから、

最初の数分を縮めたとしても、

全体の流れから見れば、

それはほとんど無意味であり、

逆にリスクの方が高いのです。

 

 

『蒸らし』の時にかき混ぜる?

 

(『蒸らし』で)水を入れた後に、

コーヒーと水を馴染ませるために、

かき混ぜましょう。

 

と言っているサイトもありますが、

コレもどうかと思います。

 

いわばこの場合は、

コーヒー豆が水を含むのに時間がかかってしまう、

鮮度の悪い豆を使っている。

ということになりますよね?

 

それを促進させるために、

コーヒー豆をかき混ぜるのですが、

コレをやってしまうと味がかなり濁ります。

 

私も豆が古くなってしまって、

そういうことになってしまったことが、

何度もあった訳です(笑)が、

その度に、

納得のいかない仕上がりに、

なってしまうことが多くありました。

 

確かに、

豆の鮮度が落ちているので、

良い状態には仕上がらないでしょう。

でも明らかに、

それとは違う仕上がりになることが多々ありました。

 

端的に言うと、

濁ってしまうんですよね。

つけ置き式のコーヒーポットほどではないですが、

ウォータードリッパーでできるはずの、

透明感のある仕上がりには、

まずなりません。

 

かき混ぜることで、

微粉末が水に混じっちゃうんじゃないかな?

と思っています。

 

つけ置き式の場合、

コーヒーを挽いた時に出る微粉末が、

ペーパーや不織布のフィルターの隙間を通って、

コーヒーの中に出てしまいます。

 

対して、

滴下式の場合は、

フィルタ内ではコーヒーが、

常に膨れている状態なので、

微粉末が動きにくくなっていて、

コーヒーの中に溶け出すことが少ないのです。

 

なので、

濁りのない、

透明感のある、

水出しコーヒーが作れる訳です。

 

でもその、

コーヒー豆をかき混ぜたら、

どうなってしまうでしょう?

 

微粉末が動いて、

コーヒーの中に入ってしまうことに、

ならないでしょうか?

 

一度、

あまりにも濁っていたので、

ペーパーフィルターでこしたことがありました。

 

するとやはり、

フィルターの底に、

微粉末が溜まっていたのです。

 

なので、

水を入れた際に、

かき混ぜたりするのも、

あまり良くない。

ということになります。

 

 

豆が古くなってしまった時の対処法は?

 

こういう状況になってしまう時は、

少なからずあると思います。

実際に私自身も、

何回も経験済みです。(笑)

 

こういう時の、

一番簡単な対処方法は、

最初に『お湯』を入れることです。

 

「∑(・ω・ノ)ノえっ!? お湯?」

と驚かれるかも知れませんが、

これが一番単純で、

しかも効果のある方法です。

 

お湯を入れると言いましたが、

熱湯でも何でも良いです。(笑)

ホットコーヒーを入れる訳ではないので、

温度にこだわる必要はありません。

 

ポイントとしては、

豆と同量のお湯を入れること。

豆が40gなら40cc。

60gなら60ccの、

お湯を入れてください。

それをドリッパーに入れて、

いつものように落とせばいいです。

 

そしてしばらく待ってから、

タイミングとしては、

お湯がコーヒーから染み出してきたら、

規定量の水を入れて、

後は普通に落としてください。

 

こうすることで、

チョット古くなった豆でも、

美味しい水出しコーヒーを作ることができます。

 

これはお湯の温度で、

『蒸らし』を促進させる方法です。(笑)

 

 

まとめ

 

ということで、

今回のテーマ、

『蒸らし』についてのまとめです。

 

  • 『蒸らし』を短縮したとしても、その後の抽出に数時間かけるのだから、最初の時間短縮は無意味。
  •  

  • 水の量を間違えたりすると、コーヒーが薄くなるなどのリスクが高くなる。
  •  

  • かき混ぜる場合も同じで、コーヒーが濁る可能性が高い。
  •  

  • 豆が古くなってしまった時は、最初にお湯を入れる。

 

といったところでしょう。

 


 

さて次回ですが、

今回、

豆が古くなったら、

お湯を入れればいい。

という話をお伝えしましたが、

コレを見つけるに至った経緯をおはなしします。(笑)

 

それと一緒に、

良く他のサイトで、

紹介されている方法が、

決して正しい方法ではない。

ということもお伝えしていきますので、

楽しみにお待ちくださいね。

 

ではでは、

最後までお読みいただきありがとうございました。<(_ _)>

 

〜 〜 see you next Time 〜 〜
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る