zaki_yammazaki_yamma

ようこそ、水出しコーヒー研究所へ。

 

zaki_yammazaki_yamma

今日もお越しいただき、ありがとうございます。

ルアックルアック

ありがとうございます。

zaki_yammazaki_yamma

ルアックさん、今日もよろしくお願いします。

ルアックルアック

こちらこそ、よろしくね。

zaki_yammazaki_yamma

さて今日のお題ですが・・・。

ルアックルアック

前回の続きよね。『水出し』じゃないアイスコーヒーの作り方。

zaki_yammazaki_yamma

今日はその後編です。

ルアックルアック

大分、もったいぶったけど。

zaki_yammazaki_yamma

その分、あまり知られてない、でも誰にでもできる方法をお伝えしますよ。

ルアックルアック

期待してるわよ。

zaki_yammazaki_yamma

それでは本日もよろしくお願いします!

ルアックルアック

最後までお楽しみくださいね〜。

 

 

簡単に濃いめのアイスコーヒーを作る方法。

 

ルアックルアック

それじゃあ、始めましょうか?

zaki_yammazaki_yamma

はい。この前はホットコーヒーの入れ方を簡単に説明しましたが、あれだけでは濃く入れることは難しいと思います。

ルアックルアック

慣れが必要ってことね。

zaki_yammazaki_yamma

そうですね。だから、誰にでも簡単にできる方法をお伝えしようと思います。

ルアックルアック

それはさっき聞いたわ。

zaki_yammazaki_yamma

うっ・・・。え、え〜っと、ここで用意していただきたいものがあります。

ルアックルアック

アラ、ちゃんと逸れずに前に進めたわね。

zaki_yammazaki_yamma

用意していただきたいものというのは、ホットコーヒーを入れるペーパードリップのドリッパーです。

ルアックルアック

ドリッパー?

zaki_yammazaki_yamma

メチャメチャわかりやすくいうのなら、三角のヤツです。

ルアックルアック

あ、アレね。

zaki_yammazaki_yamma

そうです。そのドリッパーですが、101か、102を選んでください。

ルアックルアック

101とか、102というのは?

zaki_yammazaki_yamma

サイズですね。101だと1〜2人前用、102だと2〜4人前用になります。

ルアックルアック

そのどちらかを選べばいいわけね。

zaki_yammazaki_yamma

ハイ。で、もし買われるのなら、ハリオ社製のV60をオススメします。

ルアックルアック

V60?

zaki_yammazaki_yamma

お店で聞いてもらったり、ネットで検索してもらえればすぐに出てきます。

ルアックルアック

スゴいの?

zaki_yammazaki_yamma

スゴいですよ。『日本バリスタ選手権』と言って、日本一美味しいコーヒーを入れる人を決める大会があるんですが、そこの決勝戦に残った10人が10人とも、この『V60』を使ってました。

ルアックルアック

10人中10人が?

zaki_yammazaki_yamma

はい、そうです。

ルアックルアック

それは是非欲しいわね。

zaki_yammazaki_yamma

他にお手持ちのものがあるのなら、それでも結構です。

ルアックルアック

カリタとか、メリタとかね。

zaki_yammazaki_yamma

そうですね。他にもありますけど、サイズが101か、102であればOKです。

ルアックルアック

で、この後どうするの?

zaki_yammazaki_yamma

コーヒー豆をドリッパーに入れるわけですが、この時、そのドリッパーの最大人数分の豆を入れます。

ルアックルアック

最大人数分?

zaki_yammazaki_yamma

101なら2人分だから20gくらい、102なら4人分ですから35gくらいですね。

ルアックルアック

ふ〜ん。それで?

zaki_yammazaki_yamma

後は前回お話ししたように、『蒸らし』をして、その後お湯を入れていけばいいです。

ルアックルアック

それだけ?

zaki_yammazaki_yamma

それだけです。

ルアックルアック

どうしてこれだけで、濃くて美味しいコーヒーが入れられるの?

zaki_yammazaki_yamma

実はカラクリがありまして、最大人数分の豆を入れると、ちょっとのお湯しか入れられません。

ルアックルアック

どういうことよ?

zaki_yammazaki_yamma

たくさんお湯を入れると、豆が膨れて溢れちゃうんですよ。

ルアックルアック

じゃあ、お湯が入れられないじゃない。

zaki_yammazaki_yamma

チョットずつなら入れられます。

ルアックルアック

それがどうして、濃いコーヒーになるわけ?

zaki_yammazaki_yamma

コーヒーの濃さというのは、豆の量を増やす。お湯の量を減らす。このどちらかをすれば、濃くできるんですが・・・。

ルアックルアック

それはわかり易いわね。

zaki_yammazaki_yamma

もう一つの方法は、豆とお湯が触れ合っている時間を長くすることでも、コーヒーの濃さを変えることができるんです。

zaki_yammazaki_yamma

同じ豆の量でも、触れ合っている時間が長ければ長いほど、コーヒーのエキスが出るので、コーヒーは濃くなります。

ルアックルアック

なるほどね〜。

zaki_yammazaki_yamma

で、今回のこの方法は、豆の量を増やして、お湯を入れられなくしているので、たくさんあるコーヒー豆に、少ないお湯が常に触れ続けていることになります。

ルアックルアック

お湯が一定量以上入れられないんだから、時間がかかるわよね?

zaki_yammazaki_yamma

時間がかかる = コーヒーと触れている時間が長い。というコトなので、自然とコーヒーが濃くなる訳です。

ルアックルアック

へぇ〜、スゴい、スゴい。

zaki_yammazaki_yamma

実際に、101と102に同量のコーヒー豆を入れて、同じようにコーヒーを入れても、101の方が濃くなります。

ルアックルアック

そうなの?

zaki_yammazaki_yamma

101の方が小さくて、入れられるお湯の量が限られている訳ですから、コーヒーとお湯が触れている時間が自然と長くなるんですよね。だから自然と濃くなっちゃう訳です。

ルアックルアック

言われてみれば、納得ね〜。

zaki_yammazaki_yamma

これを、アイスコーヒーに応用したのが、今回の方法です。

ルアックルアック

へぇ〜、やるじゃない。でもそれだけじゃあ、アイスコーヒーは作れないわよね?

zaki_yammazaki_yamma

ハイ。今までお話ししたのは、コーヒーの入れ方だけです。

ルアックルアック

その次がある。・・・と。

zaki_yammazaki_yamma

ハイ。次はコーヒーの冷やし方です。

 

 

超重要。コーヒーは直ぐに冷ませ!

 

ルアックルアック

コーヒーの冷やし方って、どうすればいいの?

zaki_yammazaki_yamma

美味しいアイスコーヒーを作りたければ、『急冷』しかありません。

ルアックルアック

『急冷』? 急いで冷やせってこと?

zaki_yammazaki_yamma

そうです。この冷やす時間が短ければ短いほどイイです。

ルアックルアック

どうして?

zaki_yammazaki_yamma

コーヒーが酸化する時間がなくなるからです。

ルアックルアック

酸化って、アナタが嫌いだって言ってた、苦酸っぱくなるってヤツ?

zaki_yammazaki_yamma

そうです。冷やすまでの時間が長ければ長いほど、酸化が進んでしまい、上手に淹れたコーヒーでも、美味しくなくなってしまいます。

ルアックルアック

具体的にはどうやって冷やせばイイわけ?

zaki_yammazaki_yamma

やり方によって異なります。

ルアックルアック

やり方?

zaki_yammazaki_yamma

前回説明した、2通りの方法ですね。このやり方によって、冷やし方も違います。

ルアックルアック

そんなこと言ってたわね。スッカリ忘れてたわ。

zaki_yammazaki_yamma

前置きが長くなってしまってますけど、後でちゃんとまとめますので・・・。

ルアックルアック

ゴメンなさいね〜。

zaki_yammazaki_yamma

申し訳ないです。

 

 

2通りのやり方とは?

 

ルアックルアック

さて、その2通りのやり方というのは?

zaki_yammazaki_yamma

お湯の量を変える方法です。
 

  1. ホットコーヒーと同じ量のお湯を入れる。
  2.  

  3. ホットコーヒーの半分の量のお湯を入れる。

 
の2つの方法があるんです。

ルアックルアック

それで、どうするの?

zaki_yammazaki_yamma

通常のホットコーヒーと同じ量のお湯を使う場合は、コーヒーを薄めたくないので、サーバーの底や周りに氷を敷き詰めます。

ルアックルアック

具体的には?

zaki_yammazaki_yamma

大きめのボールに氷を入れて、そこにサーバーを置いて、サーバーの周りにも氷を入れます。

ルアックルアック

コーヒーが落ちてきてもすぐ冷やせるようにってワケね。

zaki_yammazaki_yamma

ビールのジョッキを冷やすような感じですね。

ルアックルアック

なるほど、わかり易いわね。

zaki_yammazaki_yamma

先ほどの方法だと、コーヒーは熱いですが、少量ずつしか落ちてきません。だから、すぐに冷やされる。というわけです。

ルアックルアック

じゃあ、もう一つの方法は?

zaki_yammazaki_yamma

もう一つの方法は、サーバーの中に氷を詰め込む方法です。

ルアックルアック

そんなことしたら、コーヒーが落ちてきた途端、氷が溶けて薄くなっちゃうじゃない?

zaki_yammazaki_yamma

だからそれを見越して、コーヒーを濃いめに入れるわけです。そのためにお湯の量を減らしているわけです。

ルアックルアック

あ、そうか! 忘れてたわ。

zaki_yammazaki_yamma

コーヒーはすぐに冷やされるので、一定以上の量の氷が解けることはありません。コーヒーもすぐに冷たくなるわけですから。

ルアックルアック

それはそうよね。

zaki_yammazaki_yamma

お湯の量は、最初にポットに入れる水の量で調節します。
 

  1. の方法で101なら、2人前の300cc。102なら、4人前の600cc。
  2.  

  3. の方法で101なら、1人前の150cc。102なら、2人前の300cc。

 
ですね。

ルアックルアック

それを全部入れたら、出来上がりになるわけね。

zaki_yammazaki_yamma

そうです。この方法なら、誰にでも簡単に、しかも美味しく作ることができます。

 

 

まとめ

 

ルアックルアック

じゃあ、最後にまとめね。

zaki_yammazaki_yamma

ハイ。

 

  • ドリッパーは、101か、102を選ぶようにする。
  •  

  • そのドリッパーに入れられる最大人数分の豆を入れる。
  •  

  • 通常の量のコーヒーを出す場合は、氷はサーバーの外に敷き詰める。
  •  

  • 半分の濃いコーヒーを出す場合は、氷はサーバーの中に入れる。
  •  

  • お湯はコーヒーを『蒸らし』た後、少しずつゆっくりと入れる。
  •  

  • ポットの中のお湯がなくなれば、ドリッパーを外して出来上がり。

 

zaki_yammazaki_yamma

といったところでしょうね。

ルアックルアック

もし分からないことがあったら、お問い合わせに質問を書いてくださいね〜。

 


 

zaki_yammazaki_yamma

さて次回ですが、

ルアックルアック

次回は何をするの?

zaki_yammazaki_yamma

『水出しコーヒーのおいしい飲み方。ちょっと変わった飲み方。』というのをやろうと思っています。

ルアックルアック

おいしい飲み方。はわかるけど・・・。ちょっと変わった飲み方って?

zaki_yammazaki_yamma

その辺りは・・・。

ルアックルアック

次回ってことね。

zaki_yammazaki_yamma

そっ、そうです。

ルアックルアック

それでは、楽しみに待っててくださいね。

 

zaki_yammazaki_yamma

ではでは、最後までお読みいただきありがとうございました。<(_ _)>

ルアックルアック

また来てくださいね〜。

 

〜 〜 see you next Time 〜 〜
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る