zaki_yammazaki_yamma

ようこそ、水出しコーヒー研究所へ。今日もお越しいただき、ありがとうございます。

ルアックルアック

ありがとうございます。

zaki_yammazaki_yamma

ルアックさん、今日もよろしくお願いします。

ルアックルアック

こちらこそ、よろしくね。

zaki_yammazaki_yamma

さて今日のお題ですが・・・。

ルアックルアック

前回の続きで、『ミル』の選び方でしょ?

zaki_yammazaki_yamma

そ、その通りです・・・。

ルアックルアック

何? 何か言いたそうだけど。

zaki_yammazaki_yamma

べ、別に・・・。

ルアックルアック

じゃあ、さっさと始めましょ?

zaki_yammazaki_yamma

そ、そうですね・・・。(ー ー;)

ルアックルアック

それでは、今日もお楽しみいただけたら幸いです。

zaki_yammazaki_yamma

最後まで読んでくださいね〜。(順番が違うと調子狂うなぁ・・・)

 

 

電動・プロペラ式

 

zaki_yammazaki_yamma

では、今回は電動式のミルをご紹介していきたいと思います。

ルアックルアック

お願いね。

zaki_yammazaki_yamma

電動式は大別すると、3種類になります。

ルアックルアック

そんなものなの?

zaki_yammazaki_yamma

グラインダーを入れれば、4種類ですけど・・・。

ルアックルアック

今回入れてないものね。

zaki_yammazaki_yamma

そうですね。前回も言いましたけど、グラインダーはエスプレッソ用に挽く時にしか使いません。普通の挽き方をしようとしても、細かくなりすぎます。

ルアックルアック

そうなのね。

zaki_yammazaki_yamma

で話を戻して、まずは電動ミルの『プロペラ式』から説明します。

ルアックルアック

まず、『プロペラ式』ってどんなミルなの?

zaki_yammazaki_yamma

『プロペラ式』っていうワケですから、中にプロペラのような刃物が入っています。

ルアックルアック

へぇ〜。

zaki_yammazaki_yamma

そのプロペラが高速回転して、コーヒー豆を砕くワケです。

ルアックルアック

なるほど、なるほど。

zaki_yammazaki_yamma

構造が単純なので、価格が安いのも特徴の一つです。

ルアックルアック

じゃあ、お手頃なのね。

zaki_yammazaki_yamma

そうなりますね。

 

 

プロペラ式と臼式の違い

 

ルアックルアック

じゃあ、『プロペラ式』のメリットって他にもあるの?

zaki_yammazaki_yamma

ウ〜ン・・・。

ルアックルアック

アレッ? そこ、考えちゃうワケ?

zaki_yammazaki_yamma

『プロペラ式』は、価格が安い以外は、ほとんどメリットがないんですよ。

ルアックルアック

あら? そうなの?

zaki_yammazaki_yamma

前回、ちょっと説明してなかったんですが、『臼式』っていうのは、コーヒー豆を入れるところと、
挽いた粉を取り出すところが違いますよね。

ルアックルアック

ああ、取り出し口が引出しになってるのはやめたほうがいいって言ってたわね。

zaki_yammazaki_yamma

臼式というのは、石臼なんかと同じように、溝のついた金属の刃がテーパー状になっていて、入り口は広くて、出口は狭くなっているわけです。

ルアックルアック

うん、うん。

zaki_yammazaki_yamma

そしてその中に入り込んだコーヒー豆を、すり潰して粉にしているわけです。

ルアックルアック

ふむ、ふむ。

zaki_yammazaki_yamma

だから、調整した溝の大きさに合わせて、コーヒー豆がすり潰されて、上から下に落ちていくわけです。

ルアックルアック

まぁ、それって当たり前よね?

zaki_yammazaki_yamma

そうですね。でも、『プロペラ式』は違うんですよ。

ルアックルアック

え? 違うってどういうこと?

zaki_yammazaki_yamma

『プロペラ式』は、プロペラの刃が回ってコーヒー豆と当たることで、豆を砕いているんです。

ルアックルアック

『臼式』はすり潰しているのに対して、『プロペラ式』は砕いているのね。

zaki_yammazaki_yamma

そうです。そして『臼式』は一定の大きさになったら溝を通って下に落ちるのに対して、『プロペラ式』はずっと砕き続けられるんです。

ルアックルアック

? ? ?

zaki_yammazaki_yamma

『プロペラ式』には落ちる穴がないでしょ?

ルアックルアック

どういうこと?

zaki_yammazaki_yamma

『臼式』は溝と溝の隙間があって、コーヒー豆がその溝よりも小さくなれば、下に落ちていきます。溝よりも大きければ、すり潰されて小さくなるわけですが、その大きさは溝の隙間の大きさに合うわけです。

ルアックルアック

あ、ちょっと分かってきたような・・・。

zaki_yammazaki_yamma

その溝の大きさを変えることで、『中挽き』とか『粗挽き』とか、『細挽き』に変えられるんです。

ルアックルアック

臼の溝の幅を、調整することで、大きさを変えるわけね。

zaki_yammazaki_yamma

そうです。そうすることで、『臼式』は豆の粒の大きさが揃うわけです。

ルアックルアック

何となくだけど、分かる。わかる。

zaki_yammazaki_yamma

対して『プロペラ式』は、プロペラの刃はずっと回っていますが、豆の粒を揃えるものがありません。

ルアックルアック

そうか。『プロペラ式』には溝がないんだ。

zaki_yammazaki_yamma

そうです。だから、刃を回し続ける限り、豆は挽き続けられます。

ルアックルアック

・・・ということは?

zaki_yammazaki_yamma

コーヒー豆を挽いた時の粒の大きさが一定にならない。ってことになるわけです。

ルアックルアック

それは、ちょっと困るんじゃないの?

zaki_yammazaki_yamma

そうですね。コーヒーを入れる時に、挽いた豆の大きさが揃ってないと、味が一定になりません。

ルアックルアック

調整する方法はないの? 例えばずっと回し続けるとか・・・。

zaki_yammazaki_yamma

ずっと回し続ければ、ある一定の大きさに揃えることはできます。でも、細かくなりすぎるんですよ。

ルアックルアック

どれくらいになるの?

zaki_yammazaki_yamma

ほとんど、『細挽き』になるでしょうね。

ルアックルアック

じゃあ、エスプレッソ用には良いわけね。

zaki_yammazaki_yamma

いえいえ、エスプレッソにするには粒が大きすぎます。

ルアックルアック

じゃあ、『粗挽き』とか『中挽き』にする場合はどうしたら・・・。

zaki_yammazaki_yamma

そこが『プロペラ式』のデメリットで、『挽いた豆の大きさを揃えるのが難しい』んですよね〜。

ルアックルアック

それはかなり問題よね?

zaki_yammazaki_yamma

はい、そうなりますね。

 

 

『プロペラ式』のもう一つのデメリット。

 

zaki_yammazaki_yamma

で、『プロペラ式』のデメリットはこれだけじゃないんです。

ルアックルアック

エエッ、まだあるの!?

zaki_yammazaki_yamma

『プロペラ式』は刃と豆を当てて砕くことで、コーヒー豆を挽いています。

ルアックルアック

それはさっき聞いたけど・・・。

zaki_yammazaki_yamma

でも砕いても、大きさを合わせるものがないので、粒が一定しない。

ルアックルアック

それもさっき聞いたわ。

zaki_yammazaki_yamma

砕けるってことは、割れるってことですよね?

ルアックルアック

まどろっこしいわね。ハッキリ言いなさいよ!

zaki_yammazaki_yamma

ガラスでも陶器でも割れた時に何が出ます?

ルアックルアック

「何が出ます?」って言ってる意味が良く分かんないけど、ガラスは陶器が割れた時は、破片に気をつけないと・・・。って・・・あっ!

zaki_yammazaki_yamma

そうなんですよ。その小さな破片が常に出ます。

ルアックルアック

あ〜、なんとなくわかる・・・ような・・・。

zaki_yammazaki_yamma

で、結論を言うと、微粉末が出やすくなるんです。

ルアックルアック

微粉末って、あのエスプレッソをする時みたいなヤツ?

zaki_yammazaki_yamma

そうですね。もう粉体に近いヤツです。あれが大量に出ます。

ルアックルアック

あれって、あんまり良くなかったんじゃ・・・。

zaki_yammazaki_yamma

そうですね。『エグ味』や『渋味』の元ですし、変に濃くなりすぎることも多いですね。

ルアックルアック

じゃあ、どうしようもないの?

zaki_yammazaki_yamma

『プロペラ式』は、確かに価格も手軽で使いやすそうに見えます。でも・・・

ルアックルアック

オススメできない?

zaki_yammazaki_yamma

ですね。価格的には、手回しの臼式ミルで同じ価格帯のものがあるはずですから、そちらを買われた方が、絶対に美味しいコーヒーを入れられますよ。

 

 

まとめ

 

ルアックルアック

じゃあ、今日の『プロペラ式』コーヒーミルのまとめね。

zaki_yammazaki_yamma

はい。今回も表にまとめてみました。

 

ミル比較一覧表
種類 特徴 メリット デメリット
電動 『プロペラ式』 価格が安く、手軽。 価格が安くて手軽で、操作も簡単。引出し型の取り出し口に比べると、豆を取り出しやすい。 挽いた豆の粒の大きさを一定にできず、その調整も難しい。また豆を挽いた際に微粉末が出やすいので、『渋味』や『エグ味』が出易くなってしまう。結論的には、あまりオススメできない。

 

zaki_yammazaki_yamma

こんな感じですかね〜。

ルアックルアック

『プロペラ式』ってお手軽って聞いてたから、イイなって思ってたのに・・・。

zaki_yammazaki_yamma

『プロペラ式』はある意味、ミキサーですから。ミルとは考え方が違いますね。

ルアックルアック

お手軽だけど・・・、ってやつなのね。

zaki_yammazaki_yamma

そうなりますね。

 


 

ルアックルアック

じゃあ、次回は?

zaki_yammazaki_yamma

次回は、電動の『臼式』と、できれば『カット式』に行こうかな? と思ってます。

ルアックルアック

じゃあ、楽しみに待っててくださいね。

 

zaki_yammazaki_yamma

ではでは、最後までお読みいただきありがとうございました。<(_ _)>

ルアックルアック

また来てくださいね〜。

 

〜 〜 see you next Time 〜 〜
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る