zaki_yammazaki_yamma

ようこそ、水出しコーヒー研究所へ。今日もお越しいただき、ありがとうございます。

ルアックルアック

ありがとうございます。

zaki_yammazaki_yamma

ルアックさん、今日もよろしくお願いします。

ルアックルアック

こちらこそ、よろしくね。

zaki_yammazaki_yamma

さて今日のお題ですが・・・。

ルアックルアック

今日もお題は『焙煎』よね?

zaki_yammazaki_yamma

そうです。

ルアックルアック

でもアナタ、前回は素人が『焙煎』するのは否定的だったじゃない。

zaki_yammazaki_yamma

その件に関しては、始めてからってコトで。(笑)

ルアックルアック

ソレもそうね。それじゃあ・・・。

zaki_yammazaki_yamma

本日もお愉しみいただけたら幸いです。

ルアックルアック

最後まで読んで下さいね~。

 

 

『焙煎』を愉しむのは、個人の自由。

 

zaki_yammazaki_yamma

前回の続きで、勘違いされると困るんですが、「私はやらない」と言っているだけで・・・。

ルアックルアック

まぁ、それはそうかも知れないけど・・・。

zaki_yammazaki_yamma

『焙煎』の技術を習得するために、かかるコストと手間、それにその習得のために発生するリスクなどを考えたら、好みのお店を見つけて、ソコで買っている方が『効率的』であり、かつ『美味しいコーヒー』を飲むためにはこちらの方が『効果的』であると言っているだけです。

ルアックルアック

でも、それを趣味でやっている人も居る訳だし・・・。

zaki_yammazaki_yamma

その人達がやっていることを否定しているつもりはありませんよ。

ルアックルアック

でも、否定的な意見を言っているのは事実でしょ?

zaki_yammazaki_yamma

ソコまで気にしてたら、こんなサイトできませんよ。(笑)

ルアックルアック

開き直ったわね。

zaki_yammazaki_yamma

実際、手網での『焙煎』を楽しもう。っていうサイトは少なくないです。でも、そういうサイトはリスクを伝えてない。ソコが問題だと思うんですよ。

ルアックルアック

リスクって?

zaki_yammazaki_yamma

単純に失敗したら『不味いコーヒーを飲まなきゃならない』ってコトですよね。最初の内は失敗して当然だし。

ルアックルアック

それはそうよね。

zaki_yammazaki_yamma

それに前に言いましたが、『焙煎』したての豆は、中に閉じ込められた炭酸ガスのせいで、味が安定せず、かなり軽い感じになってしまいます。だから、豆の個性を十分に味わうことができない場合があるんです。

ルアックルアック

あ、それもあるのか。

zaki_yammazaki_yamma

そうです。でも、こんなお店もあるんですよ。

ルアックルアック

どんなお店なの?

 

 

手網焙煎のお店

 

zaki_yammazaki_yamma

2~3年前になると思うんですが、『ハイブリッドコーヒー』という名前で、焙煎仕立てのコーヒーを提供するお店が増えた時期があったんですよ。

ルアックルアック

へぇ~。そんなのがあったんだ。

zaki_yammazaki_yamma

今は、大メーカーが新しいインスタントコーヒーとして、その名称を使っているので、覚えている人はほとんどいないと思いますが。

ルアックルアック

何かややこしそうね。

zaki_yammazaki_yamma

まぁ、チョットそれは置いといて。(笑) その一時期はやりかけた『ハイブリッドコーヒー』というのは、電熱の焙煎器や、焙煎器付きのコーヒーメーカーを使って、焙煎をしてすぐの豆を楽しんでもらおうと始まったモノなんです。

ルアックルアック

うん、うん。

zaki_yammazaki_yamma

でも一瞬で廃れましたけど。予想通りに。(笑)

ルアックルアック

一瞬で?

zaki_yammazaki_yamma

もう『秒殺』って言っても過言じゃないくらい一瞬でしたね。(笑) 話題になってすぐにパタパタと店が無くなっていきましたから。(笑)

ルアックルアック

それじゃあ、覚えている人が居るかどうかも・・・。

zaki_yammazaki_yamma

でしょうね。物珍しさに入ってみたけど・・・。って感じだったんじゃないでしょうか?

ルアックルアック

アナタは行ったの?

zaki_yammazaki_yamma

ダメなのは最初から分かってましたけど、話のネタに行ってみました。

ルアックルアック

で、どうだった訳?

zaki_yammazaki_yamma

もう完全に予想通りでしたね。(笑) 一般の電熱式の焙煎器じゃ、火が通りきらないし、チャフやらシルバースキンやらで器具は汚れてるしで、もう散々。オマケに豆は生焼けだから、思った通りに『苦酸っぱい』コーヒーを飲まされました。(笑)

ルアックルアック

それじゃあ続かない訳ね。

zaki_yammazaki_yamma

物珍しさはあったかも知れませんが、それだけですからね。第一、コーヒーの味が付いてきてないんじゃ、どうしようもありません。(笑)

ルアックルアック

じゃあ、もうそういうお店はないんだ。

zaki_yammazaki_yamma

いえいえ、全く違う角度からアプローチしているお店はまだありますよ。

ルアックルアック

全く違う角度?

zaki_yammazaki_yamma

そこは個人でやっておられるお店なんですが、注文を入れると手網で焙煎してくれるんですよ。

ルアックルアック

そんなお店があるの? でも時間かかるんじゃない?

zaki_yammazaki_yamma

かかりますよ。でもそのコトは、お店に入れば分かるようになっていますし、普通のコーヒーも選べるので、問題はないと思います。

ルアックルアック

お味はどうだったの?

zaki_yammazaki_yamma

『手網焙煎』とは言え、さすがに毎日それをやっておられるプロですからね。十分に通用する味でしたし、キチンと説明もされてましたから、十分に愉しめましたよ。

ルアックルアック

へぇ~、手焼き否定派のアナタにしちゃ、べた褒めじゃない。

zaki_yammazaki_yamma

だから毎日やっておられる『プロ』が、『プロ』として提供している味だからですよ。焙煎仕立ては軽い感じになることも、説明がありましたからね。そういうコーヒーを飲んでみたいという人には、十分需要があると思いますよ。

ルアックルアック

なるほどね~。

zaki_yammazaki_yamma

私は素人が『焙煎』をやる事自体は否定しません。挑戦するならやってみればいいと思います。でも、リスクもあるって事も伝えないといけないと思ってます。

ルアックルアック

うん、うん。

zaki_yammazaki_yamma

今お話ししたお店も、その店のマスターが毎日『プロ』として手網焙煎を繰り返しているから、その熟練度が圧倒的に違う訳ですよね。その上で、焙煎してすぐのコーヒーのことも伝えている。メリットもデメリットも伝えている訳です。

ルアックルアック

でも、一部のところはメリットだけを伝えて、デメリットを伝えていない・・・と。

zaki_yammazaki_yamma

そうです。デメリットを知らないまま挑戦してみて、「なんだコレ!?」になったら、イヤじゃないですか?

ルアックルアック

それはそうよね。

zaki_yammazaki_yamma

だから、シッカリとした知識を持って貰うために、このサイトでお伝えしている訳です。

ルアックルアック

そういうことなのね。

 

 

zaki_yammazaki_yamma

ということで、本日はココまでにさせていただきます。

ルアックルアック

『焙煎』してすぐのコーヒーを楽しむためには、メリットだけじゃなく、デメリットも伝えた上で楽しんでもらうことが必要っていう訳ね。

zaki_yammazaki_yamma

そういうことです。(笑)

 


 

ルアックルアック

じゃあ、次回の予告だけど・・・。

zaki_yammazaki_yamma

次回も『焙煎』ですけど、もうチョット深掘りたいと思ってます。

ルアックルアック

というと?

zaki_yammazaki_yamma

そもそも『焙煎』とは? みたいな感じのことをやろうかなと。

ルアックルアック

なるほどね。じゃあ、楽しみに待っててくださいね。

 

zaki_yammazaki_yamma

ではでは、最後までお読みいただきありがとうございました。<(_ _)>

ルアックルアック

また来てくださいね〜。

 

〜 〜 see you next Time 〜 〜
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る