暑いけど、暑くない季節?

銅製マグ

『水出しコーヒー』が美味しい季節になりましたねぇ〜。

日差しが強くなってきて、
日中ならちょっと動いただけで、
じんわりと汗が滲んで来るようになりました。

実は今のこの季節に欲しいと思うアイスコーヒーと、
真夏の暑い時期に欲しくなるアイスコーヒーは、
味が違うことをご存知ですか?

欲しいのは『苦味』より『喉越し』


真夏のアイスコーヒーは、
ストロングタイプの苦味が強いものが主流になります。

これには理由があって、
実は漢方の世界でも、
夏は苦味が欲しくなる季節とされていて、
夏になると『ゴーヤチャンプルー』とか苦味のあるものが、
食卓に上る機会が増えてきますよね?

夏の魚として『香魚』と呼ばれる鮎なども、
その内臓にほろ苦さがあって、
夏に好まれます。

これは夏の暑さに対応するために、
体が苦味のあるものを求めているからで、
苦味のあるものには『体の中にこもった熱を下げる』効果があるんです。

でも今の季節は、
まだそんなに暑くはありません。
日中はそれなりの暑さになりますが、
それでも真夏の暑さには到底及びません。

だから、
真夏と同じアイスコーヒーでは、
体を冷やしすぎてしまうだけでなく、
体がそれほど苦味を求めていませんから、
苦いアイスコーヒーだと美味しく感じないのです。

つまり今の季節は、
苦味の強いストロング系のアイスコーヒーではなく、
苦味よりも『甘さ』や『喉越し』の良い、
少し薄めのアイスコーヒーの方が合うんです。

マイルド系のコーヒー豆で美味しい水出しコーヒーを作る方法


今の季節向きの、
苦味を抑えた少し薄めの、
アメリカンタイプの水出しコーヒーの作り方ですが、
今回はマイルド系の豆を使った方法を、
お伝えしようと思います。

単にアメリカンタイプの水出しコーヒーを作るなら、
豆の量を減らすか水の量を増やせば良いだけです。

でもこの方法だと、
薄いコーヒーになってしまうので、
美味しい水出しコーヒーとは言えませんよね?

マイルド系のコーヒー豆を使って、
美味しい水出しコーヒーを作る方法は幾つかありますが、
『苦味』は抑えたいけれどコーヒーとしての『味』や『コク』は薄くしたくない。
となると方法は限られてきます。

特にマイルド系のコーヒー豆を使った時に一番に問題になるのが、
『マイルド臭』というちょっとひねた香りが出てしまうことです。

その『マイルド臭』と『苦味』を抑えて、
今の季節に合った爽やかな喉越しの、
水出しコーヒーの作り方をご紹介します。

【マイルド系】の水出しコーヒーを作る方法


方法の1つは、
豆をブレンドする方法です。

マイルド系の豆単体では、
『マイルド臭』が出易いですが、
ブレンドすることで抑えることができます。

一番良いのは、
同じコーヒー豆で、
違う3種類のローストを揃えることです。

以前お話ししたローストの種類で言えば、

  • マイルド系 【ハイロースト】 〜 【シティ】:3
  • ハード系 【フルシティ】:2
  • フレンチ系 【フレンチ】:1

の割合でブレンドして、
水出しコーヒーを作るのです。

種類の違う豆でも良いんですが、
その場合だと自分の好みに合わない場合が出てきます。

自分がこのマイルド系の豆を水出しコーヒーにしたい!

と思うなら、
同じ種類の豆を、
揃えることをオススメします。

この方法に欠点があるとしたら、
同じ種類の豆をロースト別に揃えられるか?
という1点につきます。

私がお世話になってるお店だと、
そういうのが当たり前にあるんですけど、
なかなか難しいかも知れません。

もう1つの方法は、
これも以前お話しした、
お湯(熱湯)を使った蒸らしを使う方法です。

紹介した方法では、
蒸らす時間は2〜3分でした。
コーヒーの上側にお湯が滲み出て来る頃合いを見て、
残りの水を入れるという方法をご紹介しました。

でも今回はもう少し長くなります。

具体的には、
ドリッパーに入れているコーヒー豆全体に、
お湯が染み込むまでお湯だけで落とすのです。
最初の1滴が落ちて来るのを待ってもOKです。

そしてそれから水を入れます。

こうすることで、
コーヒーの香りがしっかりと立ち、
『マイルド臭』を防ぎつつ、
コーヒーの蒸らしも十分にできますから、
アイスコーヒーとしてもしっかりとした味わいにすることができるわけです。

コーヒーは水分補給にはならない


最後に大事なことを1つ。

暑い季節のアイスコーヒーは、
体を冷やす分にはイイのですが、
水分補給にはなりませんので注意してください。

コーヒーは体内の熱を外に放出する効果がありますが、
その効果が一番に出るのが『利尿作用』です。

つまり体内に溜まった熱や疲れを、
『尿』として出してしまうのです。
それも割と強制的に・・・。

なので夏の水分補給に、
アイスコーヒーは向きません。
逆に水分を体内から追い出してしまうので、
アイスコーヒーを飲んだのならその分、
水分補給も必要になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る